尻尾のふり方

2013/10/13 18:00

いつも読んでいるトレーナーさんのブログ「ドッグウォーカー博士のスローライフ」に、興味深い記事がありました♪
記事はコチラ→「クリック

内容は、犬のしっぽのふり方に関してなのですが、
「機嫌が良い時のしっぽは、右ふりで、悪い時は、左ふりになるそうです」
実際興味のある方は、クリックしてよんでくださいね。
私の言葉だけではニュアンスが伝えられないし、誤解をまねく事もあるんでねぇ~(^_-)


えーっ!!まじで~っ\(◎o◎)/!
ホンマなら、凄い~(^◇^)
私、前々からカーミングシグナルに凄く興味があって・・こんな話、大好き♪
でもね~実際検証したくっても・・我が愛犬ドーベルマン・サラは、異常に短く断尾されております(@_@;)
ホラねっ↓
しっぽ
なので・・しっぽの動きが、わかりずらい(>_<)

犬のしっぽって・・犬同士の色んな感情の表現とかするのに、凄く重要な所だと思うのに・・
こんなに切ったらアカンよね・・(@_@;)
ドーベルマン断尾は諸説ありますが、感情を隠すためでもあったのでぇ・・
それでも切りすぎやわ~!!表現が相手の犬に伝わりずら過ぎる(>_<)
(もし次に・・ドべのパピーを飼う事があったなら・・断尾も断耳もしないつもりでっす)

まぁサラでは、わかりずらいので・・
ドッグラン仲間の感情表現豊な黒ラブ、後輩ラミ子でこっそり検証してみよ~っと♪
あっドッグラン仲間、ぴーちゃんでもね♪桃ちゃんは・・早すぎてわからん(笑)レイス嬢はサラと一緒でしっぽないもんね(^_-)

犬の右利きとか左利きとかは・・そのしっぽふりに関係ないのかなぁ~^_^;
なんせ興味深い話です♪

犬達のこと  | トラックバック : 0 |