FC2ブログ

犬の病院選びについて・・④

2020/04/24 08:00

サラの心臓についても書いておきます。

2019年の5月に、胸に出来た免疫異常の出来物が大きくなってきたので、K動物病院で切除手術を行いました。
サラは、もともと不整脈があり、ずっと「関西動物ハートセンター」の柴崎先生に健康診断してもらっていました。
しかし・・K病院に「心臓の健康診断くらいならうちでもできますよ」との説明をうけました。
心臓の新しい機械を導入された時期だったので、積極的だったと思います。
主治医としてお世話になっているし、以前、柴崎先生にも「サラの心臓は、不整脈はありますが、今のところ心配ないですよ」と言われていたので・・「切除手術もしてもらうし・・まぁ・・じゃあ」という形で、K病院で診断してもらうことに。

切除手術は、無事に終わったのですが・・「不整脈がでて、急いで手術を終了させた」と。
「この先、麻酔をかけての手術は怖い」と。(´・_・`)
そんな事がありましたが・・
そこうしてる間に、9月終わりに肉球の事があったので・・心臓の事は、あまり考えていませんでした。

それが肉球の事を考えてるさなか・・2020年1月に、猫を追いかけようと興奮して数秒倒れる事件が起こりました・・。(´・_・`)
すぐK病院に連れて行き、心臓の検査をしてもらったのですが・・ここで初めて「拡張型心筋症」と言う診断をされました。
この診断が、また紆余曲折することになるなんて・・。Σ(´Д`lll)エエ!!

その時点で、まだ癌だとわかっていません。
K病院で、「肉球より心臓のほうが心配」だと言われ、心臓の薬「ピモベハート」を飲みだした時期です。
薬を飲んだからなのか・・元気は、出てきてたのですが、泉南動物病院さんでの、癌診断が下され・・
しかし泉南病院では、心臓検査してないことから、すぐピモベハートをだしてもらえずで・・。

正直・・この時、悩んでいました。
「このまま泉南動物病院さんで、すべてお世話になるのか?!」と・・。(´・_・`)
距離の問題があったのと、腫瘍科の先生が、正直少しお若かったことが気になりました。
泉南動物病院さんは、新しく建て替えた病院でもあることから・・とても病院全体が広々していて、考えられた造りになっています。
院長の横井先生は、皮膚科で有名な先生です。とてもいい病院だと思ったのですが悩みました・・。( ノД`)
結局・・「後々、泉南動物病院では、手術をしない」、という選択をし、その旨を伝えたのですが・・
それにもかかわらず、数日後、腫瘍科の先生から「サラちゃん、その後どうなりましたか」と、心配して電話下さったりで・・とても良い先生だと気づいたしだいなんですがね・・。( ノД`)あ~・・

で、K病院です。
これまでのいきさつや、癌の診断を受けた事を話すと・・「サラの拡張型心筋症だと、手術は無理だと思う」と。
因みに・・ここで肉球が癌だった事に関して、言及なしですよ・・。(;一_一)
そこで以前紹介してもらった癌1種のY動物病院の話をすると「癌1種と2種では、雲泥の差」だと、また言われました。
そんな話から姉妹で、また話合い「やっぱり最後まで、K病院でY病院と連携してやってもらおう」と姉妹決意し、その話を次回行ったときにしましたら・・「あ、そうですか。Y病院、行きますか??」と。
あの・・あれだけ話を聞いてその方向で話をし、その時も「最後まで、お世話になります」って話までしたのに・・
また次行ったとき肩透かし・・なんで?!((((;゚Д゚)))))))嘘やろ

泉南動物病院の予約もすべてキャンセルしてるし・・考えてる時間がない。
K病院には、思うこともありましたが・・引き戻せない所まできてました。
だって進行が速い悪性メラノーマ・・もぅ、時間がないんですよ・・。(T_T)

癌1種のY病院を紹介してもらい・・色々なサラのデータを持って行ったのですが・・。
リアルタイムのブログにも書いてますが・・Y病院の先生、サラの心臓の写真を見て「怖い」と。Σ(´Д`*)
「心臓の大きさが普通の大きさの3倍だ」と。「いつ死んでもおかしくない。」と。「癌より心臓で亡くなってもおかしくない」と・・。
「肉球の癌は、切除したらいいけど・・この心臓では、手術無理」と。
お手上げな感じでした。
お手上げで、紹介で、自分の所の患者でないからなのか・・なんとなく・・親身になってる感じに思えませんでした。
Y病院の先生は、資料を出すのが好きみたいで・・前回の癌疑惑の時も、沢山の資料をくれまして、今回もでしたが・・
あまりいい印象では、なかったです。
Y病院に行って良かったのが・・「関西ハート動物病院」て言葉をだしてくれたことくらいです。


続きます・・。

病気