FC2ブログ

2018/02/13 20:00

らみママちゃんが、Twitterで見つけた詩です。
作者がTwitterの人なのか誰か、本当のところは、わからないねんけど・・
とても心に響いたので、記しておきます。(^_-)-☆


『人生をやっているとたまに自分を無限に愛して許してくれる存在がほしくなるときがあり、
でも生身の他人にそんなのを求めるのは理不尽であることも承知していて、
だから神だの仏だのという装置を考えて皆で使っていたのに、
あるときうっかり神を殺してしまったので人間は誰にも許してもらえなくなった。

しかたがないので人間は身近な獣にすがりつき、獣は大いに人間を愛して許した。
人間はこの獣にDOGと名付けた。
GODの代わりだからだ。』 


私は、特に宗教心はないねんけど・・
何となく理解できるなと思います。(*^_^*)
神話や昔話では、神様は思いがけない形で身近にいたりする者だったりしますもんね。
犬が、神や仏の装置と同じと思う人が増えたら、もっと犬に優しく接することが出来るような気がする・・。

心に響いたわ~+゚。*(*´∀`*)*。゚+
因みにPーママさんは、心に響かなかったらしい・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ(笑)

犬達のこと  | コメント : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する