犬の訓練・・言いたい!!

2018/02/01 12:00

このブログでは、あんまり犬の訓練について書いてないねんけど・・
どうしても言いたい事があって!!
ちょっと長いです。(;^ω^)

少し前にテレビで放送された番組の内容が、犬スペシャルでした。
色んな犬分野のスペシャリストが放送されたんやけど・・犬の訓練士の方も出てました。
「噛み犬専門のトレーナー」との内容やったんやけど・・。
正直、想像どうりのトレーニングスタイルでした。(+_+)
多分、一般的には目にしない、厳しい警察犬訓練所の訓練に近い感じだと思う・・。

見てない人の為に言いますと・・暴力的です。何度も犬の頭を叩いてます。
放送後、ネット上では「虐待だ!!」という声が上がったんやけど、その後そのトレーナーさんを擁護する声も、たくさん上がってました。

で・・私は、暴力的な訓練は反対です。
まぁまぁ酷い頭を叩くシーンがあったんやけど・・トレーナーさんを擁護している方達は、「見ていてつらかったけど、愛情があってやっている」って、書いてました。(゚△゚;ノ)ノ
「虐待って書いてることにビックリ!!」とかも書いてました。(;゜0゜)
「殺処分寸前の噛み犬」って事だったので、「殺されるならなら、厳しい訓練をうけて矯正させたい」ってことやなんやろうけど・・。
で、そのなかに「あのトレーナーさんを批判するなら、批判する奴らが、手を噛まれてもやってみてくださいよ」的な
「他にやり方あるんですか?!」的なのが書いてあったんですよ・・。

だから、声を大にして言いたいんです!!!
「安心してください。暴力的なトレーニング方法以外の方法ありますから!!!」( ̄^ ̄)ゞ

それは「ドッグウォーカー博士のスローライフ」って、ブログを毎日更新されてる、川上さんのやり方です。
「ponopono式」です。
どんなトレーニングかといいますと、簡単に言いますと「徹底的にストレスから遠ざける」って、やり方です。

私・・厳しいトレーニングって、嫌いなんですよ。犬にやりたくないし。
タイミングどうこうとかも、イマイチ分からなかったりするしさ~・・。(;一_一)
犬のリーダーというより、友であり仲間でいたいから・・命令とか、あんまりしたくないんですよね・・。
私自身がされて嫌なこと、愛犬にしたくないんですよね。


私が、サラが来てやったトレーニングは、これです。↓
従来のトレーニング方法でないやり方を探して、「犬の行動学専門のトレーナーさん」にお願いしたんです。
でもね~・・日本の犬のトレーナーさんて、ほぼ警察犬訓練所出身だったりして、基本それなんです。
私の求めているのと、イマイチ合いませんでした・・。

次は、チャーリーママさんってトレーナーさんのやってる「お散歩会」ってのに参加しました。
チャーリーママさんの人間性や、考え方の方向性は、大まかに共感するねんけど・・
まぁまぁリードさばきなどやり方がありまして・・セミナー参加などしましたが・・分かりずらい。(@_@)
問題を抱えている犬同士が、大人数で歩くのも、ちょっと違うかなって思ったし、大型犬のサラは、大変やったしね~(;^ω^)

で、たどり着いたのが「ponopono式」ですよ!!
「ponopono式」が嫌って人の意見をネットでみると・・「なんでもかんでもストレスって言いすぎ」だそう。
分かる。私も思う。(笑)
でもその人「ドッグダンスもだめ」「フリスビーもだめ」って書いてたけど、今噛んで大変な犬が、ドッグダンスやフリスビーできないでしょう。(笑)

&・・私も正直、「ponopono式」徹底してないです。(;^ω^)
でも、好きなように歩かす散歩と、ロングリードとハーネス、苦手な事・モノから遠ざけるのは、ずっとやってるかな。(;^ω^)
サラは、散歩中イラっとしたら突進するし、噛むし・・ドーベルマンで噛むとか致命傷やけど・・なんとか生活出来てますよ。
サラは、知らない犬が苦手やねんけど・・今じゃ、前方から歩いて来てる犬を見たら、道を変えるのを自分で考えて行動できるまでになりましたよ!!
力で押さえつけなくても、大丈夫です!!!

わかる。
噛む犬を訓練所に預けたくなる気持ちもわかるんですよ。
家に問題犬と一緒にいてるだけでも嫌ですからね。
取りあえず預けたら、目の前の問題が解決されるかもって思うからね。
でも、厳しい訓練をする前に「ponopono式」やってみて欲しい!!
あ、私は川上さんに愛犬サラをみてもらったんやけど、「精神薬」を進められました。
でも、みてもらった日の状況が、知らない河川敷で、台風後とかで、落ち着いた状況じゃなかったんです。
その当時のコンパニオンアニマル的なワンちゃんが、ずっとついてくるし・・。(;^ω^)
サラ、嫌やったと思う。(笑)
そんな事から、薬を飲ませませんでした。←薬を否定するわけではないよ。

ponopono式の川上さんから言わせたら「ponopono式じゃない」って言われるかもやけど・・
ストレスを減らしたら、だいぶん犬も変わると思いますよ。(^_-)-☆
ストレスを減らしただけで、噛まなくるんなら・・もうけもんじゃないですか??
殺処分しなくていいのなら、万々歳じゃないかな~♪(* ´ ▽ ` *)
押さえつけるトレーニングじゃなくて、気持ちを解放させるトレーニングもあるって事を、知ってほしいです!!!
イマイチ・・サラと私では、説得力がないのが問題やねんなぁ~。(;^ω^)

あ、それともう一つ・・今回、ツイッターで「お、まともな意見書いてる人いてる」って思ったのが、
チャーリーママさんでした。(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)さすが
番組でも柴犬が多く取り上げられていたので、柴犬って遺伝的に脳に疾患がある子がいてるので、噛むっていうのは出やすい傾向にあるので・・。そういうこともあるから、叩いてしつけるってもってのほかやったりするし。
チワワもでてたけど、同じくチワワも水頭症や脳に問題があって噛んでしまう子もいてるし、ひっくり返すとかもってのほかっていいますか・・。
ママさんも、そのあたりを心配してらっしゃいました。(ノ_<)

ママさんは、
「犬を飼ってる人は、自分の犬のプロになってください」って書いてあって、良いこと言うなって思いましたよ。
同意です!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

川上さんも、チャーリーママさんも「犬としての犬らしさ」を否定しない方々です。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

犬のトレーニングも人それぞれ。
その家にもらわれた犬の運命やからなぁ・・。
犬がいぬらしくいれるのが一番やねんけど・・ね。

言いたいこと、以上で~す♪

犬達のこと