FC2ブログ

犬の病院選びについて・・⑦

2020/04/27 08:00

サラの最後・・安楽死についてです。(T_T)

「痛い、苦しいなら絶対安楽死!!」って、ずっと、ずーっと前から思ってました。(´・_・`)
それは、もし自分なら・・
治る見込みがないのなら・・苦しんでいるのなら・・日本に安楽死制度があるのなら、是非やってもらいたいからです。

サラは、松原動物病院で安楽死させました。
これね・・正直、ちょっと不本意というか・・。
「安楽死させるなら・・出来たら自宅でさせてあげたかった・・」っていうのは、ちょっとあります・・。(ノ_<)
ま、大きな病院で遠いことから無理なのは、分かっていました。
でも・・先生が午後から手術なので・・午前中に来て欲しいと言われまして・・
「色々と、最終的な検査もあるので・・11時までに来て欲しい」と言われ・・これは正直、予想外でした。(T_T)

そら、ちょっと考えましたよ・・。( ノД`)
「でも次の日、先生がお休みの日だし・・じゃあ後2日後って・・あんなにしんどそうで苦しんでいるサラを、このまま待たせる事出来ない!!」って思ったんですよぉ・・。(ノ_<)
それに・・「最終検査で、もしかしたら劇的に数値が良くなってるかも?!」って思ったり・・。
ま、あの状態でそんな奇跡・・起こらないですけどね・・。(っω・`。)

サラは手術後、混んでいる病院に毎日通っていたので・・時には1日2回の通院で・・ゆっくり家で過ごす暇がなかったんです・・。
本当は・・3月29日その日は、天気も良かった事から、1日ゆっくり家や庭で、日向ぼっことかさせて送ってあげたかったんですよ・・。
それが叶わなかった事・・心残りです。(T_T)辛いよ・・
大きい病院だと・・こういうことが、おこります・・。難しい選択でした。

最後・・安楽死の為、病院に行く際、長年のサラの友達犬が会いに来てくれたこと。
それが救いです。。゚(゚´Д`゚)゚。

そんなサラの安楽死だったんですが・・
実は、K病院にも癌判明してから、安楽死について聞いたことがあるんですよ・・。
で「安楽死は、できますよ」と。「まだ早いですけどね」と。←そら、そうやろうね‥(;^ω^)
そこでタイミングの話とか、外国で安楽死は、すぐしますよね~なんて雑談から
院長が「僕も若い頃、東京の動物病院で働いていた」と。
「その時に、何度か外国人の家に安楽死をしに行った」と・・そんな話をされました。
実は・・姉妹は、ずっと家での安楽死を望んでいました。
しかし「距離があるので・・来てくれるかな??」と不安に思っていました。
「タクシーの送迎料金も払うので、来てもらえないかなぁ・・??」って、ずっと思ってました。
安楽死の話をしたのも・・「家まで行きますよ」と言ってくれないかなって・・。6年間、ずっと通ってたんですから。
でも結局、その言葉は出ずで・・。(ノ_<)
そう、K病院の院長は・・ずっとそんな感じだったんです・・。(#^ω^)ビキビキ
もしそこで自ら「家まで行きますよ」って言って下さってたら・・色んな事は、チャラになったと思うんです・・。
なーんだか、ガッカリでした。(;一_一)

いや、もしかしたら「安楽死の時は、家に来てください」って言ったら来てくれてたのかもしれないですが・・
な~んか・・微妙。
これまでの癌についての肩透かしの件や、色々不信感があるんでね・・。(´・_・`)

しかし・・K病院のことチョット、フォローします。(^^;)
もし家の近所にK病院があったなら、悪い病院では、ないと思います。
他の病院への紹介もしてくれたし・・。←良い病院、眼科限定でね
全然ダメな動物病院も沢山見てきたので・・6年間、姉妹が通ってたのは事実だし、近くにあれば全然ありの病院です!!
しかし・・心臓の機械を入れた事で、自分の病院での診察を言われると思いますが・・何もない健康診断ぐらいならいいと思うが、
心臓病が疑われる場合、セカンドオピニオンは、2020年、今の段階なら、した方が良いかも・・。
心臓に対しての診断技術が、まだ微妙かもしれません・・。
関西ハート柴崎先生や、松原動物病院の循環器の先生にも話を聞いたのですが・・
拡張型心筋症の診断は、とても難しいと仰ってました。


いっぱい書きましたが・・一応、これでもまだ書いてないことあるんですよ(笑)
それは、書きませんが・・ね。(ノ)’∀`(ヾ)

病院選び・・本当に難しい。(´・_・`)
サラの場合・・大型犬で犬苦手って・・もぅ、ここで大変ですから。
小型犬なら、そこまで苦労しないと思うんですよ・・。(;^ω^)

「犬の病院選びについて」を⑦まで書きましたが・・ほぼ備忘録になってしまいました。(;^ω^)
でも正直な気持ちをかいたし、この記事を見ただけで「犬の病院選びが分かりやすい」ってことも全然ないんですが・・
姉妹の失敗や情報を書くことで、少しは参考になったらなって思います。(;^ω^)
犬の病院選びって・・難しいよ~・・。(ノ_<)

散歩人間の私・・思ってた事を書いたことで、本当にスッキリしました!!!
ずーーーーーっとモヤモヤしてましたから・・。( ノД`)
何度も書きますが・・リアルタイムで書いてたので・・病院に思っていたこと、素直に書けなかったですから・・。(;^ω^)

あ~・・スッキリした!!(´∀`*)
これで、また1歩・・サラ・ロスから前に進むことが出来ます!!!
マジで・・これ書かないと・・先に進めなかったですから・・。(T_T)

「犬の病院えらびについて・・」これにて終了。( ̄^ ̄)ゞ

病気

犬の病院選びについて・・⑥

2020/04/26 08:00

サラが最後にお世話になったのは、結局、松原動物病院さんでした。

松原動物病院の小山田先生は、大阪で4人しか癌1種を持っていていないのですが・・
そのうちの1人です。
K病院曰く・・「癌の知識は、1種と2種では雲泥の差」って言われていましたが・・
松原動物病院以外の所は、比較的小さい普通の個人の動物病院なんですよ・・。
で、そのうちの1つがY病院でしょ~・・な~んかY病院に良いイメージないのであれなんですが・・、
放射線治療とかになったら・・良いのかな??わからないままです。(-_-)

松原動物病院の小山田先生の良さは、癌1種も持っていて、外科を得意としてる先生なんですよ!!
なので両方の知識があって、大きな病院だから手術の数もかなりこなしてる・・
そして40代っていうのも好感もてました。(姉妹の経験上、40代が、医者として理想の年齢なんです(;^ω^))

実際、サラの肉球の手術も、指の移植もしたのですが「僕は、沢山こういった手術をしているので出来ますが・・他の先生では、なかなか難しいです」とおっしゃってました。w( ̄o ̄)w
ゆいまーるの大矢先生に、その話もしたんですが・・実際、興味深々でした。
普通・・断脚が一般的みたいです。
泉南動物病院さん、ゆいまーるの大矢先生、関西ハートの柴崎先生も、断脚という話をされていました。

結局・・サラは、肉球の切除と指の移植(歩くためには、大きな肉球がなくなると歩けないらしい)は、成功したのですが・・
リンパに大きく癌転移してることがわかりました。(K病院で、2週間前のリンパ細胞診では、転移してない診断でした)
手術前、エコー検査などもしてましたが・・目に見える癌は、発見できなかったのですが・・「多分、全身に癌の細胞は飛んでいると思う」といわれました。

しかし・・「最後は、あの痛々しい癌の肉球も綺麗になり、少しでも歩くことが出来たならいいな」と思ってたのに・・膵炎?!(T_T)
多分・・サラの体は、手術の麻酔がもつ体じゃなかったんだと思います・・。
麻酔時間が、3時間弱だと聞きました。心臓は、もったのに・・膵臓て~~~・・。(T_T)
以外でした・・。( ノД`)何だよサラ~・・


安楽死についても書きたいのですが・・
先に、松原動物病院について思ったことを、書いておきたいと思います。
松原動物病院さん、良い病院だと思います。
小山田先生についても、良い先生です。小山田先生がいない時に診て頂いた先生方も、悪い印象の先生はいませんでした。

K病院では、最後の方は・・こちらが色々考えて提案したりしてたので・・正直、疲れました。調べないとダメなんでね・・。
でも小山田先生は、こちらが何も言わなくても、次々サラの傷の状況を診て、先生が最善を判断して治療してくれる・・
これって普通なのかもしれませんが・・安心して任せられました。
当然・・姉妹が大好きな湿潤療法も、テキパキとしてくれました。(笑)

悪い事・・これは、そんなにないのですが・・小山田先生、少しだけ説明が少ないかなぁ~・・。(;^ω^)
自分のやるべきことが分かってらっしゃるからなのか・・聞けば教えてくれるのでしょうが、聞かないとダメなことも・・。
まさか膵炎になるなんて、姉妹思ってなくて・・もぅ少し、そのあたりの話もちゃんと聞いたらなって思いました。
ま、聞いたところで・・結果は、変わらなかったんでしょうが・・。(´・_・`)

それと人気病院と言うことで・・駐車場や待合室が混んでる。(゚△゚;ノ)ノ
待合室で立って待ってることも、しばしば・・。
でも、土日だけ警備員の方が出ていて、誘導してくれます。
この警備員のおじさんもいい人で、親切にしてもらいました。m(__)m

松原動物病院については、私は、良い病院だと思うし、癌の手術なら小山田先生ススメます。
もぅちょっと、続きます。

病気

犬の病院選びについて・・⑤

2020/04/25 08:00

Y動物病院へ行ったその帰りに、K動物病院へ寄って、Y病院で言われた話をしました。(近いんでね)
K病院の院長曰く・・「心臓は、そんなそこまで大きくないですが・・」と言ってましたが・・。
ま、しかし・・拡張型心筋症のため、どうにもできない感じでした。

そこで姉・・諦めませんでした。
『「関西ハート動物センター」の柴崎先生に診てもらおう!』と。
「本当に柴崎先生がダメだというのなら、手術は諦めよう」と・・。
そして柴崎先生にすぐ電話したところ・・たまたま電話に柴崎先生が出られて、サラのこれまでの話を聞いてくれました。
そしてK病院での検査の数値などを話したところ・・「拡張型心筋症ではないですよ」と。
拡張型心筋症の診断は、とても難しく、色々な数値などを診て診断を下さないとダメならしいです。
その機械のその数値だけみるのでは、拡張型心筋症の判断は、できないそうです・・。Σ(´Д`*)
「普通の動物病院の医者では、なかなか診断できないですよ」と・・。((((;゚Д゚)))))))え~・・
柴崎先生、「大丈夫ですよ。その数値だったら、手術できますよ」と。
因みに・・名古屋「ゆいまーる」の大矢先生にも、報告してたんですが・・Y病院の「心臓の大きさが3倍なんて、ありえない」って。Σ(´Д`*)
「何ですか、それ!」って言って下さり・・。
熱血大矢先生、本当に同じ目線で話してくださり・・有難かったです。
同じ県だったら絶対に通ってたと思います!!!( ̄^ ̄)ゞ


空いている一番早い予約で、柴崎先生に診察してもらいました。
手術は出来るとの話でしたが・・悪性メラノーマの進行の速さから、柴崎先生は「何もしない」という選択の話もされました。
そして、どれだけ姉妹が頑張っていたか、自分の経験も踏まえて話をしてくれました。
セカンドオピニオン、サードオピニオンの大切さも話してくれました。
そして諦めずにここまで辿り着いたこと・・褒めてくれました。
もぅね・・泣きますよ。(T_T)

ここで思ったのが・・「やっぱり専門病院として開業されてるお医者さんは、違う!!!」ってことです。
「どうぶつ眼科専門クリニック」の辻田先生も、「関西ハート動物センター」の柴崎先生も・・その分野のスペシャリストで開業してるんですよ・・自信が違いますもん!!
それに・・2人とも、感じ良い先生なんですよ~。マジで。(=゚ω゚)ノ
動物病院だけでなく、人間の病院もですが・・感じよくて腕も良いって先生見つけるのん、めちゃくちゃ大変ですよ。
私も色々体が悪いので、いろんな病院や先生に診察してもらいましたが・・まぁね・・色々ありますもん。(;一_一)揉める・・
正直私自身、今通ってる病院全てがBESTな病院、先生だと思ってませんも~ん・・。
難しいよ~・・。( ノД`)

あ、でも、「専門」病院の先生は、専門分野は、わかってると思いますが・・それ以外は、微妙な気もします・・。(;^ω^)人間の病院もです分かりやすいのが、癌1種を持っているY病院(癌専門病院でないが・・癌1種を押し出してます)・・「心臓の大きさ3倍」て、ありえないこと言うし・・。Σ(´Д`lll)エエ!!

この辺の見極め・・難しいです。
難しいからこそ・・話は、前後しますが・・
難しい病気になったら、是非セカンドオピニオンや、サードオピニオン、受けて下さい!!!

これ・・主治医に言って、画像やデータなどもらってから行くか、主治医に黙って勝手に行くか・・難しいですよね~・・。
勝手に行くと、検査になったら・・その分、改めてお金もかかりますからね。
これ~・・答えはでないですが・・私が良いと思った大矢先生や柴崎先生は、絶対にするべきだとおっしゃってました。
特に今回の悪性の肉球メラノーマになって、もっと早くに違う病院に行けば、早い決断できたかな・・って思いますもん・・。
大矢先生の言葉がすべてで、「治らなかったら、次の病院へいく」それがすべてかなって思います。(´・_・`)

続きます。

病気

犬の病院選びについて・・④

2020/04/24 08:00

サラの心臓についても書いておきます。

2019年の5月に、胸に出来た免疫異常の出来物が大きくなってきたので、K動物病院で切除手術を行いました。
サラは、もともと不整脈があり、ずっと「関西動物ハートセンター」の柴崎先生に健康診断してもらっていました。
しかし・・K病院に「心臓の健康診断くらいならうちでもできますよ」との説明をうけました。
心臓の新しい機械を導入された時期だったので、積極的だったと思います。
主治医としてお世話になっているし、以前、柴崎先生にも「サラの心臓は、不整脈はありますが、今のところ心配ないですよ」と言われていたので・・「切除手術もしてもらうし・・まぁ・・じゃあ」という形で、K病院で診断してもらうことに。

切除手術は、無事に終わったのですが・・「不整脈がでて、急いで手術を終了させた」と。
「この先、麻酔をかけての手術は怖い」と。(´・_・`)
そんな事がありましたが・・
そこうしてる間に、9月終わりに肉球の事があったので・・心臓の事は、あまり考えていませんでした。

それが肉球の事を考えてるさなか・・2020年1月に、猫を追いかけようと興奮して数秒倒れる事件が起こりました・・。(´・_・`)
すぐK病院に連れて行き、心臓の検査をしてもらったのですが・・ここで初めて「拡張型心筋症」と言う診断をされました。
この診断が、また紆余曲折することになるなんて・・。Σ(´Д`lll)エエ!!

その時点で、まだ癌だとわかっていません。
K病院で、「肉球より心臓のほうが心配」だと言われ、心臓の薬「ピモベハート」を飲みだした時期です。
薬を飲んだからなのか・・元気は、出てきてたのですが、泉南動物病院さんでの、癌診断が下され・・
しかし泉南病院では、心臓検査してないことから、すぐピモベハートをだしてもらえずで・・。

正直・・この時、悩んでいました。
「このまま泉南動物病院さんで、すべてお世話になるのか?!」と・・。(´・_・`)
距離の問題があったのと、腫瘍科の先生が、正直少しお若かったことが気になりました。
泉南動物病院さんは、新しく建て替えた病院でもあることから・・とても病院全体が広々していて、考えられた造りになっています。
院長の横井先生は、皮膚科で有名な先生です。とてもいい病院だと思ったのですが悩みました・・。( ノД`)
結局・・「後々、泉南動物病院では、手術をしない」、という選択をし、その旨を伝えたのですが・・
それにもかかわらず、数日後、腫瘍科の先生から「サラちゃん、その後どうなりましたか」と、心配して電話下さったりで・・とても良い先生だと気づいたしだいなんですがね・・。( ノД`)あ~・・

で、K病院です。
これまでのいきさつや、癌の診断を受けた事を話すと・・「サラの拡張型心筋症だと、手術は無理だと思う」と。
因みに・・ここで肉球が癌だった事に関して、言及なしですよ・・。(;一_一)
そこで以前紹介してもらった癌1種のY動物病院の話をすると「癌1種と2種では、雲泥の差」だと、また言われました。
そんな話から姉妹で、また話合い「やっぱり最後まで、K病院でY病院と連携してやってもらおう」と姉妹決意し、その話を次回行ったときにしましたら・・「あ、そうですか。Y病院、行きますか??」と。
あの・・あれだけ話を聞いてその方向で話をし、その時も「最後まで、お世話になります」って話までしたのに・・
また次行ったとき肩透かし・・なんで?!((((;゚Д゚)))))))嘘やろ

泉南動物病院の予約もすべてキャンセルしてるし・・考えてる時間がない。
K病院には、思うこともありましたが・・引き戻せない所まできてました。
だって進行が速い悪性メラノーマ・・もぅ、時間がないんですよ・・。(T_T)

癌1種のY病院を紹介してもらい・・色々なサラのデータを持って行ったのですが・・。
リアルタイムのブログにも書いてますが・・Y病院の先生、サラの心臓の写真を見て「怖い」と。Σ(´Д`*)
「心臓の大きさが普通の大きさの3倍だ」と。「いつ死んでもおかしくない。」と。「癌より心臓で亡くなってもおかしくない」と・・。
「肉球の癌は、切除したらいいけど・・この心臓では、手術無理」と。
お手上げな感じでした。
お手上げで、紹介で、自分の所の患者でないからなのか・・なんとなく・・親身になってる感じに思えませんでした。
Y病院の先生は、資料を出すのが好きみたいで・・前回の癌疑惑の時も、沢山の資料をくれまして、今回もでしたが・・
あまりいい印象では、なかったです。
Y病院に行って良かったのが・・「関西ハート動物病院」て言葉をだしてくれたことくらいです。


続きます・・。

病気

犬の病院選びについて・・③

2020/04/23 08:00

「癌検査しない。湿潤療法で行く」と決めたんですが・・正直、長い間湿潤療法をしていても、全く治らない。
K病院の湿潤療法のやり方に不安があったので、エルファーロさんに聞いてもらったのに、その答えは癌疑いなのでなし。
K病院は、姉妹の言う湿潤療法のジェルなどを取り寄せてくれますが・・そのあたりから、先生みずから発案して治療するってことは、あまりなくなってきてました。

治らない不安とK病院の先生の対応に不安を感じ・・
それで名古屋の「ゆいまーる犬猫病院」さんへ、直接行ったんですよ。
ゆいまーるの大矢先生は、東京エルファーロさんで研修など受けた事がある先生なので、姉妹が行ける範囲で、湿潤療法は得意な先生だと思ったんです。

ゆいまーる犬猫さんは、セカンドオピニオン、サードオピニオンも積極的に受け入れてられる病院です。
そのゆいまーるの大矢先生にサラの肉球を見せた瞬間・・「この匂いといい・・ずっと治らないなんて、癌で間違いないと思います」と言われました。
姉妹・・頭が真っ白になりました。

そこからは、ブログの通りで・・大阪の泉南動物病院さんを紹介してもらい、泉南動物病院で癌検査の細胞診をすることになります。(めちゃくちゃ簡単な検査でした・・。なんでこんな簡単な検査を、K病院はしなかったのか?!本当に、本当に不思議でなりません!!)
まだまだこの話、続きますが・・先に書いておきたい話が。(;^ω^)

名古屋のゆいまーるの大矢先生に言われた言葉で、心に残っている言葉があります。
「病院なんかに気を遣わないでください。自分の犬だけを見てください。ずっと治らないのに同じ病院に行かないでください。
治らなかったら、違う病院へ行ってください!!そんなことぜんぜん普通ですよ。そんな飼い主さん、いっぱいいてます。
僕らも今まで他紹介してくれって言われたことありますよ。ぜんぜん言っていい事ですよ。それを言って機嫌が悪くなる医者なんか、良い医者じゃないですから!!!」って。
「自分の犬が良くなることだけ考えたらいいんですから」って。

前後しますが、大矢先生は「僕が、サラちゃんを最後まで診てあげたいです。診てあげたいですが・・距離の問題が気になります」とも。
この「僕が、最後まで診てあげたいです」って言葉・・どれだけ嬉しかったか・・。
肉球が壊死して酷くなっていくのに、全く治らない不安・・主治医への対応の不信感・・今思い出しても涙が出ます。本当に辛かったです。
なので、大矢先生のこれらの言葉、とても嬉しく思いました。

なのに・・なのに・・。( ノД`)
リアルタイムのブログにも書いてありますが・・結局、K病院に戻ります。(´・_・`)
サラは、心臓の薬を飲んでたのですが、泉南動物病院さんで心臓検査をしてなかったので、すぐに薬を出してもらえなかったのです。
そんなことがあったて、やはり距離の問題と、K病院の院長と改めて話、長年の付き合い(サラのデータが残ってる)等から、K病院に戻る決意をしたんですよ・・。(ノ_<)

続きます。

病気

犬の病院選びについて・・②

2020/04/22 08:00

そもそも・・K動物病院さんとの始まりは、2014年11月の手の爪がもげてしまったときからでした。

サラの性質上・・犬がたくさんいてる動物病院は、出来るだけ避けてました。
でも、空いている病院て・・やっぱり空いているには、分けがあるんですよね~・・。(ノ_<)
以前お世話になっていた奈良の病院で、「麻酔からなかなか目を覚まさない」ってことがあってから、病院難民になってました。

そんな時に爪がもげ、急いでネットで探した病院が、K動物病院だったんです・・。
我が家からは、高速道路を使っていく、少し遠い病院でしたが・・
ホームページで見たら、小さい病院ながら手術や新しい色々な治療方法もやっている感じで、勉強熱心な先生の印象。
なにより「湿潤療法もやっている」とのことで、K病院に決めた次第だったんですよね~・・。

そこから6年間・・ずっと主治医としてお世話になってました。
6年間の間に「ん?!大丈夫か?!」と、思う事もあったのですが・・
誰かの病院口コミでも書かれてましたが・・もともとK病院の院長先生、大袈裟といいますか・・最悪の状況の話もします。
「ちょっと怖がらせすぎちゃうの?」と思うこともありましたが・・「危機管理が凄い」と思うことにしてました。
そう、そんな先生なのに・・なんで今回のサラの肉球、癌検査しようといわなかったのか!?って思うんですよ・・。( ノД`)

私達姉妹・・この6年間、何かあったらすぐ病院に行ってました。
「早期すぎて・・まだわかりません」とか言われるくらい、すぐ病院へ行ってました。
今回の肉球だって、本当にすぐ病院に連れて行ってますよ・・。
あのひび割れみたいな傷をはじめに診ていたら、そりゃ「癌じゃない」って思うかもしれません・・。
でも2カ月経過しても治らないって・・姉妹ですら「まさか癌じゃないですよね?」って、去年の段階でも2度聞いてます。
「傷は治りませんが、死ぬ病気じゃないんで」って・・。院長だけでなく・・他にいる先生にも言われて・・。
姉妹は、素人です。医学的知識ありません。でも、4名他にお医者さんがいてます。あの小さい病院で・・あれだけ治らない肉球の犬がずっと来てる・・誰か「癌検査した方がいい」とは、言わないんでしょうか・・?!
凄~~~く今考えても疑問です・・。(´・_・`)

東京の動物湿潤療法の第一人者「エルファーロ動物病院」さんも、姉が探し、行くか行かないかで迷ってました。
電話で話を聞いて、「来てもらうか、写真を送ってもらうか」って話から、動物病院の先生同士でも、結構やり取りのある病院で。
「それならK病院に相談してみよう」と、相談しましたら・・奥様が大学の同期だと。
「昔も傷の事で連絡を取って聞いたことがある」との話。その話を聞いたので、その場で「連絡してください」と言えばいいのですが・・画像を送ったりメールのやりとりなどあるので・・正直、言いにくい。手間なんでね・・。
「もしかしたら・・これだけ話たのだから・・一生懸命さをわかってくれたら、連絡とってくれるかな‥」って甘い期待をしましたが・・そんなことなく。(;^ω^)
数日後、病院を訪れた際、「肉球のこと聞いて下さい!!」とお願いしてやっと聞いてもらった次第です。←ブログでは、「仕事が早い」と書きましたが・・この辺、盛ってしました・・。(;^ω^)

その辺は、しょうがないと思うんです・・。だって、たくさんの病気の犬猫が来てるんですから。
そんなこと、わきまえてますよ・・。(´・_・`)

でもエルファーロさんからの返信がね・・「癌の疑い濃厚」と。「生検の癌検査したほうがいい」との話だと・・。
「癌ではない」とずっと言われてたことから・・びっくりしました。湿潤療法の詳しい話を聞きたかったのに・・。
でね・・そこで「どうしますか?」と。「癌検査しますか?」と・・。
そこから生検の怖い話をされるんです・・。
それでなくても肉球が治らない状態になってるのに・・生検なんてって、姉妹思いますよ・・。(´・_・`)
細胞診ですら怖い話されましたから・・。刺激して癌になるかもとか・・。
「もし僕でもこの治らない肉球の画像を送られてきたら、癌検査して下さいって言いますよ」と・・。
でもそれでも癌検査しましょうという話にならなかったのは・・本当に先生は、癌じゃないと思っていたかもしれません‥。
そこは・・わからないです。(´・_・`)

結局、癌検査は・・姉妹「怖すぎて出来ない」となったんです・・。
「癌じゃないと信じて、湿潤療法をする!!」って選択をしたんです。

次回に続きます・・。

病気

犬の病院選びについて・・①

2020/04/21 09:00

「もぅ、そろそろ・・書こうかな~」って思いました。
今回のサラの病気・病院について思った事です・・。(;^ω^)

今までこのブログでも、病院名をちゃんと書くようにしてました。
それは自分自身が、色々な方のブログを読んでいて、
良い悪い置いといて、「だから、どこの病院よ???」って、思う事が多々あったので、
出来るだけ書くように、ブログを読んでたら分かるようにしてました。

でも正直・・今回、サラが亡くなるまでも病院の事も書いてましたが・・やっぱり、ちょっと・・盛ってます。
盛ってるというか・・「病院を悪く思いたくない」「診てもらってるのに、悪口になるような事は書けない」というか・・
不安がいっぱいだった事・・全然書きたりていてません。
自分のブログを読み返したんやけど・・「そうじゃなかったよね、そう思ってなかったよね」って事、書いてあります。(ノ_<)
ちょっと・・書ける範囲で、正直に書いて行こうかなって思いました。
病院選びを悩んでいる方の参考にも、少しなればと思います・・。


そもそも・・レオンの時代から、病院選びは苦戦してます。
レオンもサラほどではないにしろ・・他の犬が苦手でしたので、病院選びは、色々・・難しい問題がありました。
本当に、色々な病院へ行きました。
結局、そこで思ったのが・・「大型犬の入院なども含めて、自分の病院で対応できそうになかったら、すぐ専門病院や大きめの病院を紹介してくれるところ」というのが、私達の望む主治医の結論でした。

ある時レオンが、急に歩かなくなった事がありまして・・その当時、何度か診察してもらった病院があり、そこで診察してもらったところ「膝に水が溜まってるだけでしょう。水を抜いておきますので、痛み止め飲んでください」と。
家族は、「そんな簡単なことじゃないよね・・」と思ってましたが・・ま、結局アキレス腱が切れ(て?!)ました。
その先生、すぐネオベッツに紹介状を書いて下さり、川田先生の手術を受ける事が出来ました。
この先生の素早い対応、凄く良かったのですが・・「あのレオンの状態を見て水溜まってるだけって~・・」と、診察に不安が残り・・
結局その後は、行かなくなりましたが・・。(;^ω^)

そらね・・誤診なんて、動物に限らず、人間の病院でもいっぱいありますよ。
だから誤診は、しょうがないと思うんです。
やっぱり、その後の対応ですよね~・・。つくづく、そう思いました。

レオンの病気に関して心に残った病院は、ネオベッツの川田先生のアキレス健手術です。
それと、やはり今回サラでもお世話になった、「関西動物ハートセンター」の柴崎先生の奥様が八尾で
開業していた病院です。今は、ないのですが・・心臓専門医ということで、心臓の健康診断をしてもらいました。
ドーベルマンは、拡張型心筋症で突然死の割合が凄く多かったので。
結局・・何度か健康診断してもらって「心臓の薬をそろそろ飲んでもいいかも」ってなってましたが・・
飲まさずで1年半くらい経過してから・・突然死で亡くなりました。
何かの梗塞で死んだんでしょうが・・はっきりした原因わかりません・・。

こんなことから・・サラを迎えてからも、1年に1回は、心臓の健康診断してたんですよ~。
それが・・癌や膵炎で亡くなるなんて・・。(T_T)
レオンの事で長くなったので、次回からサラの病院のこと、しっかり書きます!!
書くで~♪(*σ´Д`*)

※追伸
「犬の病院えらびについて」で・・サラの主治医の病院を、一応ここからイニシャルにします。
昔の記事を読めば、病院名は書いてあるのですが・・一応。
書きながらその時のことを思い出すと、感情が・・冷静では、いられなくなるので・・あしからず。(;^ω^)

病気

危篤

2020/03/28 14:00

3月28日。
これって‥危篤ですよね・・。(´・_・`)

おとといの夜辺りから・・ず~っと、しんどそう・・。(´・_・`)
ずっと前から、しんどそうやねんけど・・ここ最近の息遣いが・・おかしい。
「フーン、フーン」と、ずっと言ってます。(ノ_<)

今日は、小山田先生がいてたので、色々症状を話たところ
「血液検査してみましょう」と。
血液検査したところ・・腎臓の数値が悪くなってました。
炎症が、膵炎、腎臓と広がった模様・・。

「これって・・もぅ、ダメなんじゃないですか?!」と聞きましたら・・そんな感じ・・。(ノ_<)
「この状況なら、普通は入院して、24時間点滴」をするらしいのですが・・
サラの事を考えたら「腎臓の薬など点滴を半日して、夜に迎えに来てもらうのが良いと思います」と・・。

とりあえずMAXしんどそうなので・・点滴をお願いしました。
これで良くなればいいんやけど・・あまり期待できそうにないかなぁ・・。
腎臓が悪いってことは・・もぅ、お別れまでの時間が、すぐそこまできてるって事なんで・・ね・・。
体重も・・28.4kgでした。
どんどん下がる・・。(T_T)

今夜病院へ迎えに行きますが・・しんどいのが、少しでもましになってたら良いのにな・・。
家族が、あまり暗い表情ばっかりしていても、サラも不安がると思うので・・
なるべく、いつも通りを心掛けたいと思っています。( ̄^ ̄)ゞ

「あ~・・めちゃくちゃ悲しい~~~。」
ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

病気

ブレンダZ・5本目最終日

2020/03/25 17:00

4月25日です。

膵炎の薬「ブレンダZ」を投与して5日目、最終日になりました。
最終日と言うことで・・血液検査も行いました。
そしたら~・・膵炎の数値の一つであるリパーゼが、1000超えてました・・。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3ひぇ~
正確な数値は、1000超えは、病院で測れないらしいです。
でも160までが正常値やのに・・1000超えてたら・・ま、そらしんどいMAXやったと思います・・。(@_@)
だってこの数日間のサラ・・死んでましたもん。(T_T)


膵炎の薬「ブレンダZ」・・効いたんやろうか?!(´・_・`)
色々な方のブログを読んでいると・・効く効かない、その辺りは微妙かな。まちまちな印象。(;^ω^)
膵炎は、怖い病気で死ぬこともあるからねぇ・・薬が出来たなら、そら投与お願いすると思います。
点滴や注射なども含めたら・・約3万円×5日間・・痛い出費になります。参考までに・・。

サラの場合・・「劇的な回復」って感じでもないですが・・炎症が他の臓器に広がっても嫌だったので・・。(´・_・`)
まだまだ油断できない状態なので・・点滴などをしに毎日通院は、続く模様です。(;^ω^)

そうそう。
サラの体重が・・28・6kgまで落ちてしまいました・・。( ノД`)うっそ~
相変わらず食べないし・・下痢もしてるので・・そら、体重落ちるのも納得。(´・_・`)
今は、カッテージチーズや、鳥ササミなどを、細かく切ってペースト状にして、与えたりもしてます。
飲むタイプばっかりより、少しずつ固形タイプにした方がいいらしいです。
食事に関しては、姉が頑張って作ってました。(;^ω^)

1つ良いニュース。
足の包帯、取れました。(((o(*゚▽゚*)o)))
こんなんです。↓
分かりやすいように・・後ろ足2本並べてみました。
いたい1

はぁ~・・。
歩かせてあげたいのに・・膵炎め~!!!ε=ε=(怒゚Д゚)ノ
せっかく痛くない肉球になったのに・・膵炎め~!!!(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
今日は、痛み止めも注射してもらったので・・お腹は、痛くないはず。
ボーっとしてますが・・回復を願うばかりです。
いたい2

「サラ、頑張れ!!」
まだ、もぅちょ~っと頑張らそうと思ってるサラ家族です!!!( ̄^ ̄)ゞ
分かってるんですよ~・・。もぅサラが、十分頑張ってるの・・。(´・_・`)

病気  | コメント : 4

体重29.4kg

2020/03/23 20:00

3月23日。
今日、サラの体重が・・30㎏きりました・・。Σ(´Д`lll)エエ!!

そらね・・ほぼこの数日間、食べてませんから・・。(ノ_<)
あのリキッドタイプの栄養食も、1本飲ませるのも大変で・・。←1本200カロリーです。
自力で立つこともできなくて・・昨日からオシッコも、寝たまま出してる感じです。(´・_・`)

あれだけ沢山食べるサラが・・食べないて・・本当に非常事態なんだなと・・。(ノ_<)
メチャクチャしんどいだなって・・思えば思うほど・・家族は、心配でたまりません。(T_T)

膵炎になった子のブログを読んでいると・・どのワンも食べなくて、家族さん苦労されてます。(´・_・`)
先生からも「復活するまでに、時間がかかると思います」と、言われています。←2週間から1カ月くらいらしい・・

どーしたもんやろか・・。( ノД`)
やはり・・栄養は、取らないとだめらしいので・・
今のところは、リキッドタイプの栄養食を、時間をかけて与えようと思いっています。
気分悪いやろうに・・無理やり与えるのん可哀想やけど・・心を鬼にして頑張ろうと思います。(´・_・`)

肉球の足の方は、本当に順調に傷が癒えてまして・・「もうそれやのに、なんでやねん!!」て感じです。。゚(゚´Д`゚)゚。
これ↓
なおる1
いつものサラなら、絶対歩いてるわ~・・。。゚(゚´Д`゚)゚。
膵炎の薬「ブレンダZ」が効いてくれる事を祈ってます!!!まだ今日3本目やしねっ・・。(´・_・`)

そんな状況のサラ家なんですが・・
先日、弟家族とサララ~ンでバーベキューしました。(;^ω^)
このコロナのご時世・・我が家の老人達も、何処にも行ってませんので・・弟家族も気を遣った模様。
当然、サラも参加しました。
なおる2
なおる3

サラ、しんどいと思ったけど・・
こうやって家族全員が集まって野外で食事するなんて・・最後かなって思ったら・・アリかなって思いました。

サラは、癌がリンパに転移してるので・・残された時間が少ないんです。
早く・・一刻も早く膵炎から復活してほしいです。
願うしかないです。(´・_・`)

病気  | コメント : 4